停車するときに白線越えたらダメなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さまこんにちは。ペーパードライバー教習インストラクターのエイドワード先生です。
このブログでは運転に対する苦手意識を克服したい人、ペーパードライバーの皆さん、そして今更人には聞けない曖昧な理解をしてるドライバーさんを対象に、素朴な疑問やそれに対する解説や練習方法など紹介しています。

停車するときに白線越えたらダメなの?

白線と聞くと、路側帯とか、車道外側線、最近では青く塗られた「自転車専用」とかかれたところが白線によって区切られていますよね。だんだんややこしくなってきていますが、一つずつ解決して違反のないようにしていきましょう。


・・・(ワクワク)

今日はどんな質問ですか?バンビちゃん!(笑)

なんでわかったんですか先生!すごい!!
ねぇねぇ、停車するときに白線越えたらダメなの?

うふふ。停車時の白線対応のことですね!
実は白線は白線だけど、その白線の先がどうなっているかによって変わってくるんです。まずは説明しますね!

歩道、路側帯、自転車専用

歩道、路側帯、自転車専用道路の区分わけ

バンビちゃんは、上記画像の「車道と路側帯の線」や
「車道と自転車専用道路の線」のことを言っているんですよね?

その通りです!
「路側帯」と「自転車専用道路」って車は走っちゃダメなんでしょう?
じゃあやっぱり停車もダメってことでいいの?

これは良く迷ってしまいがちな、とてもいい質問ですね!
この「路側帯」と「自転車専用道路」は確かに車は走っちゃダメなんですが
条件を満たせば線を超えて駐停車してもいいんです

じょうけん??

・標識等などで、駐停車禁止されていない場合
・路側帯が0.75m以上ある場合は、0.75mのスペースを空ける

記画像では、縁石を見ると「駐車禁止」なっていますよね
この場合は線を超えての停車はできるが、駐車はできないということになります

歩道、路側帯、自転車専用道路の駐停車の正しい位置

おー!やっぱり図があるとわかりやすいよ先生!
「百聞は一見に如かず」だね

ありがとうバンビちゃん。
画像を見てわかったと思うけど、白線は白線でも、その先がどうなっているかでどう駐停車するかが決まってくるんです。

歩道、路側帯、自転車専用道路の正しい駐停車位置
標識等で行動制限されていない場合のみ有効
①歩道のある道路なら、白線を超えて駐停車
②路側帯の場合は0.75mを意識して、白線を超えるか超えないか判断して駐停車
③自転車専用道路がある場合は、十分に巻き込み確認をしながら白線を超えて駐停車

いかがでしたでしょうか。
今日はちょっと複雑で混乱しやすい内容でしたが、しっかりポイントを押さえておくことで
違反せずに駐停車ができるようになります。
車に乗っていない時でも標識等を普段から見る練習をしておくことで、
運転中でも「ここは停車できる」「ここは駐停車できない」と判断できるようになります。

ペーパードライバー教習サワムラガクでは、東京を中心に、神奈川、埼玉、千葉(一都三県)を対応エリアとし、初心者さんやペーパードライバーさんが運転に対する恐怖を克服できるよう
一生懸命お手伝いさせて頂きます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA