踏切って、窓開けるの?どこで一時停止するの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さまこんにちは。ペーパードライバー教習インストラクターのエイドワード先生です。
このブログでは運転に対する苦手意識を克服したい人、ペーパードライバーの皆さん、そして今更人には聞けない曖昧な理解をしてるドライバーさんを対象に、素朴な疑問やそれに対する解説や練習方法など紹介しています。

踏切って、窓開けるの?どこで一時停止するの?

教習中に踏切を渡る時に「窓を開けて音を確認しなさい」と言われたことありませんか?
でも実際には窓開けてる人少ないですよね。
今日はそんな疑問を解決していきましょう。


あの〜踏切で窓を開ける理由ってなんで?
教習所では「窓を開けて音を確認」って習ったけど、、、意味あるの?

そうですね
窓を開ける理由は「音で確認するため」です。

それは分かるんですけど、みんなやってないよね?
やらなくても違反にはならないんでしょ?
なのになんで口すっぱく教えるの?

まずは「道路交通法第33条」を見てみましょう

第三三条
(第三章 車両及び路面電車の交通方法 第五節 踏切の通過)
車両等は、踏切を通過しようとするときは、踏切の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止し、かつ、安全であることを確認した後でなければ進行してはならない。ただし、信号機の表示する信号に従うときは、踏切の直前で停止しないで進行することができる。
車両等は、踏切を通過しようとする場合において、踏切の遮断機が閉じようとし、若しくは閉じている間又は踏切の警報機が警報している間は、当該踏切に入つてはならない。
車両等の運転者は、故障その他の理由により踏切において当該車両等を運転することができなくなつたときは、直ちに非常信号を行なう等踏切に故障その他の理由により停止している車両等があることを鉄道若しくは軌道の係員又は警察官に知らせるための措置を講ずるとともに、当該車両等を踏切以外の場所に移動するため必要な措置を講じなければならない。

「窓を開けて音を確認」とは書いていませんが
「踏切の直前または停止線で一時停止」し、
「安全であることを確認したあとでなければ進行してはならない」
とありますよね。ここがポイントになります。

踏切って音の他にも遮断機が降りたり、
赤い警報ランプが光るからそれでわかるんじゃないの?

基本的には一時停止と見渡しで安全確認できてしまいます。
教習所で口すっぱくいうのは
音による確認がとても大事だからではないでしょうか。

例えば突然故障し、警報音しか動作しない状態の踏切では
音での確認が非常に重要な安全確認手段となります

近年ではだいぶ減りましたが、遮断機のない踏切もあるのです。
この場合は音の確認こそが非常に重要ですよね

そっか、だっていつかは故障するし
教習所に通う人の中には遮断機のない踏切を通る人がいるかもしれないもんね!

その通りです!
救急車や消防車などの緊急車輌も大体は音で気づきますよね。
違法ではありませんが、音の確認を癖付けしておけば後々役に立つんです。


いかがでしたか?
「安全であることを確認」という言葉の捉え方は人それぞれ違います。
捉え方の違い→他の人と違う行動→素朴な疑問
となりますが、その背景を知れば納得できますよね。

今後もこういった素朴な疑問を色々と載せていきますので、一つずつ解決しスッキリしてください。

ペーパードライバー教習サワムラガクでは、東京を中心に、神奈川、埼玉、千葉(一都三県)を対応エリアとし、初心者さんやペーパードライバーさんが運転に対する恐怖を克服できるよう一生懸命お手伝いさせて頂きます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA