ペーパードライバー教習のサワムラガク東京

レンタカーを使ってみよう!

10 views
約 1 分

あなたはレンタカーを利用したことがありますか?
東京や大阪など都心は電車が走っているので、「車なんて必要ない」と思っている方が多いのではないでしょうか。

「レンタカー」と聞いて、多くの人がどういうものなのかは、イメージがつくと思います。
この記事を読んでくださっている方は
・ペーパードライバーなのに車を貸してくれるのか
・もし事故を起こしてしまったらどうなるんだろう
・マイカーを持っていなくてもレンタカーで運転に慣れることはできるのか
・いきなり運転するのは無謀なのか
などの疑問を持っているのではないでしょうか。

今回はその疑問を解決していきましょう!あと、サービスを提供している企業をご紹介します。

レンタカーの利用方法(日本レンタカーさんの利用法)

基本的にはどの会社も利用法は変わりません。今回は、日本レンタカーさんを例にみていきましょう。(インターネット予約の場合)

予約
①予約条件の選択
②お客様の情報を入力する
③入力内容の確認
④予約番号発行(予約成立)
⑤予約完了

出発日
①予約の確認(ここで免許証を提示します、)
②契約書にサイン(予約内容に変更がないか確認します)
③支払い(必ず前払いです!)
④車両の外装確認(スタッフの方と一緒に傷の確認を行います)

返却
①ガソリンを満タンにしてする(レシートの提示が必要です)
②返却ステーションに行く

※超過がある場合は返却時に清算することになります
※ガソリンを入れ忘れた場合、ステーションで確認して入れてもらうことができますが、ガソリンスタンドで入れるよりも割高になります。(出発時にステーション近くのスタンドを紹介してもらえます)

では次にみなさんが不安に思っているであろうことについてお話します。

借りれる人に制限はあるのか

運転免許証を持っている人ならだれでも借りることができます!
運転歴は全く関係ありませんので、ご安心ください。
ベテランドライバーもペーパードライーも初心者も高齢の方もみなさんが借りることができます。

もし事故を起こしてしまったらどうなるんだろう

事故を起してしまったら修理費がかかります。
また、大きな事故の場合は他のお客さんに車を貸し出すことができなくなるので、その負担額も支払うことになります。
保証制度はプランに組み込まれている会社もあれば、組み込まれていないところもありますので、借りる時に必ず確認してください。事故を起した後に保証に入ることはできません。

いきなりレンタカーで運転することは無謀すぎるか

安全とは言えません。
ベテランドライバーの方であっても事故を起こす可能性はあります。
ペーパードライバーの方は久しぶりの運転で緊張することが考えられますよね。ただでさえ、慣れていないところに緊張がつきまとうと、事故を起してしまう可能性も高くなります。
レンタカーを借りるまでに時間がある方は、ペーパードライバー講習を受けることをおすすめします。少し不安を解消することができると思いますよ。

最後にレンタカーの大手企業についてご紹介します。

今回は5社!
トヨタレンタカー・日本レンタカー・日産レンタカー・オリックスレンタカー・タイムズレンタカーの5社です。
みなさんがレンタカーを借りる時に気になると思われる点について表にしてみました。

ステーション数 車種数 料金
トヨタレンタカー 1200カ所 148種 5.400円
日本レンタカー 596カ所 56種 6.048円
日産レンタカー 360カ所 39種 6.156円
オリックスレンタカー 1060カ所 72種 5.400円
タイムズレンタカー 4473カ所 141種 5.292円

※料金は乗用車ヴィッツを6時間以内で借りたときのものを参考にしています。
※タイムズレンタカーは「ピッとGoステーション」を含みます。

各会社でキャンペーンを行っているので、シーズンによって料金が変わることがあります。
行先から一番利用しやすいステーションを探すことが大切です。
ちなみに「じゃらんレンタカー」は先ほどご紹介した大手企業5社をまとめて扱っています。

レンタカーを使って旅行をお楽しみください☆

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly