1. 0120954875
  2. 営業時間9:00 ~ 21:00
  1. スケジュール
    空き状況
  2. 教習申込

コラム

ペーパードライバーでも分かる! 自分で出来る日常メンテナンス

タイヤとオイル以外にも、車には多岐に渡る点検項目があります。

車は消耗品の塊(かたまり)」とはよく言ったもので、日常的に点検しておくべき項目は沢山あります。

ここでは、ペーパードライバーでも出来るメンテナンスとして、エンジンルーム内のメンテナンス方法をご紹介します。

エンジンルーム内の点検項目一覧

エンジンルーム内の点検項目一覧

1. エンジンオイルの量(汚れ)

点検方法 エンジンオイルの点検用スティックを抜き、オイルをふき取って戻します。
その後、もう一度抜いて点検します。
チェック
ポイント
上限(FULL)と下限(LOW)の間内に収まっているか
色が極端に黒ずんでないか
を点検します。
点検用スティックの場所
オイルレベルゲージ
オイルレベルゲージ

▲おおむね、真ん中の大きな箱の周辺に、赤や白や黄色の輪っかがあります。
これが、オイルのレベルゲージです。

オイル点検の様子
オイルレベル比較
主な対策 不足している場合は、補充しましょう。
黒ずんでいる場合は、交換しましょう。
備考・
注意点
上限(FULL)以上には補給しないで下さい。

2. 冷却水の量

点検方法 冷却水のリザーバータンクの液面を確認します。
チェック
ポイント
上限(FULL)と下限(LOW)の間内に収まっているかを点検します。
効能 エンジンを冷やします。
放置すると オーバーヒートの一因になります。
冷却水
冷却水

▲タンクには大抵、「冷却水」「COOLANT」と表記されています。

主な対策 不足している場合は、FULLまで補充しましょう。
備考・
注意点
減りすぎていた場合は、エンジンに何かしらの異常が考えられるので、専門店で確認してもらいましょう。

3. ブレーキ液の量

点検方法 タンク内のブレーキ液(フルード)の量を確認します。
チェック
ポイント
上限(MAX)と下限(MIN)の間内に収まっているかを点検します。
効能 フットブレーキ(油圧式)を作動させるための大事な液(フルード)です。
放置すると ブレーキが効かなくなります。
ブレーキ液
主な対策 ブレーキ系統に消耗がなければ、それほど減ることはありません。減っていた場合は補充して下さい。
備考・
注意点
減りが激しい場合は、ブレーキ系統の消耗や液漏れが考えられます。

4. バッテリー液の量

点検方法 バッテリー各層の液量を確認します。
チェック
ポイント
各層ともに、上限(UPPER LEVEL)と下限(LOWER LEVEL)の間に収まっているかを点検します。
効能 エンジンの始動/蓄電
放置すると 蓄電機能が低下し電気の供給がストップし電気系統の使用停止、及びエンジンの始動が出来なくなります。
バッテリー

▲①上限(UPPER LEVEL)と、②下限(LOWER LEVEL)の間に収まっていればOKです。

バッテリー液の追加

▲画像のバッテリーは、合計6階層(6本)に分かれていますね。全ての層に補充しましょう。

主な対策 不足している場合は、バッテリー液を補充します。
状況によってはバッテリー自体の交換を検討(専門店に相談)しましょう。
備考・
注意点
バッテリーの液量が下限(LOWER LEVEL)以下の場合、バッテリーが破裂(爆発)する恐れがあります。
バッテリ液は腐食性が強いので、体、衣服、車体などに付着しないよう注意しましょう。

5. ウィンドウォッシャー液の量

点検方法 ウォッシャータンクの液量を確認します。
チェック
ポイント
上限(FULL)と下限(LOW)の間内に収まっているかを点検します。
効能 窓面の清掃用の液体
放置すると 無くなります。窓面の清掃に影響が出ます。
ウィンドウォッシャー液
ウィンドウォッシャー液

▲上の画像のようなマークがあります。

ウィンドウォッシャー液の補充

▲ふたを外して、ウォッシャー液を補充します。

主な対策 不足している場合は、ウォッシャー液を補充します。
備考・
注意点
ウィンドウォッシャー液が空の状態でスイッチを入れると、ポンプが破損する場合があります。

オリジナル教習資料“無料”ダウンロード

教習資料表紙

サワムラガク東京が使用しているペーパードライバー専用の教習資料は、こちら からダウンロードできます。

ペーパードライバーの皆さまは、是非ご参考ください。

「教習資料PDF」詳しくはこちら

2019.11.22